クラフトビールというネーミングの妙

とあるセミナーにて、今流行りの「クラフトビール」について、ちょっとした話題となった。

たしか、「地ビール」というのが流行ったのが、10年以上まえで規制緩和の影響だったか。
このときは、大手ビールメーカーの牙城を崩すか?という淡い期待はビールの泡のように、ほどなく消えた。
しかし、最近また復活した。
要因はいくつもあるのかとおもいますが(たとえば水曜日のネコとか)、わたくしは「地ビール」という名称からの脱却だったかとおもいます。
「地ビール」というのは、日本酒でいうところの”地酒”に対抗したネーミングだと想像します。
いわく、地方のお酒である地酒に対抗して、地方のビールとして「地ビール」。
ネーミングの経緯としては必然的ではありますが、しかし野暮ったい。

それが、「クラフトビール」というネーミングに脱皮した。
クラフト=クラフトマンシップ(職人気質)という本質が、地ビールにはあるわけで、その本質の部分を見事に浮き彫りにしたのではないだろうか。

ツナガリストのアタマのなか:

その商品・サービスの特性のなかから、本質の部分を導き出し、それをイメージ良く表現する。

これが成功するかどうかがネーミングにおいては大事だとおもいます。

ちなみに、「クラフトビール」だけでなく、コーヒーも「クラフトコーヒー」であるべきだというのがセミナーでのお話でした。
(ちなみに、バーボンの世界でも「スモールバッチ」といわずに「クラフトウヰスキー」と呼ぶそうです。)
そして、コーヒーのトレンドは、
珈琲道 ⇒ カフェブーム ⇒ サードウェーブ ⇒ 2015~は、さて?

振り子の揺り戻しであるとすれば、2015~は、「カフェ」の時代となるのではないだろうか?
Meetsなどの雑誌で珈琲特集を取り上げるときの記載の変遷が「コーヒー」から「カフェ」となって「コーヒー」となっているという事実から、そして今実は「カフェ」特集という表記となっているのが見受けられることからも、これからは「カフェ」の時代が(「コーヒー」がなくなるというわけではなく共存という形で)やってくるのではないか?
さらにいうなら、「カフェ」というのは空間、スイーツなど、珈琲一本での勝負ではないところに妙味があるので、これからはスイーツでの深化が起こるのではないかというのがわたくしの予測であります。

また来年!という愉しみ – スマステで採りあげられなかった幻の花菜漬け –

今宵はちょっと趣向を変えて、酒肴の話をば。

これがなんだか皆さんお分かりでしょうか?
blog_20150320001
これは、菜の花です。

今日はこの菜の花の漬物「花菜漬(はななづけ)」を手に入れる為に、京都まで馳せ参じました!
blog_20150320002
何故に、京都まで足を運んだかと申しますと、この「花菜漬」というのは、菜の花の開花前のつぼみの状態の芽の部分を漬物にしたもので、なんとこの季節だけでしか味わえず、しかも漬物屋さんの都合により、不定期販売!?なのであります。なので、その時期になれば毎日作ってるわけでもなく、「商売っ気のまったく感じられない」お漬物なのであります。
菜の花は開花してしまうと、味わいがなくなり、苦みが浮いてしまうので「開花の極々で」摘み取って漬けこまないと美味しくならないそうで、その収穫タイミングは結構難しいそうです(1日未満の時間差らしい)。

blog_20150320003
作ってらっしゃるのがこの方、「京つけもの川久(かわきゅう)」の北尾さんです。
なんでも開花した菜の花の状態で漬けたお漬物もあるそうですが、川久さんところではやってないんだとか。

blog_20150320004
そして、今回この花菜漬を使ったおはぎも販売されてました。ちょうどお彼岸ですものね。

blog_20150320005
ほんとに商売っ気のない店主(笑
なので、おはぎと、花菜漬をゲットいたしました。

ちなみに、このおはぎは北尾さんの奥様のご実家の和菓子屋さんで作られてたそうです。
blog_20150320006
和菓子の「嵯峨嘉 (さがよし)」今回の「花菜おはぎ」製造元。嵯峨嵐山駅から歩いて10分くらい?
お店自体のHPは無いようなのですが、いくつかネットでは紹介されている老舗のようです。
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260403/26011615/

きょうとあす TOP 目的地を探す 嵐山・嵯峨野・桂 嵯峨嘉
http://www.trip.kyoto.jp/spot/db/sagayoshi/

京都府京都市右京区嵯峨広沢御所ノ内町35-15
TEL 075-872-5218
営業時間 8時〜20時(日曜〜19時30分)
定休日 水曜

ヒトサラ > 京都府 > 桂・嵐山 > 嵐山/嵯峨野 > 嵯峨嘉
http://hitosara.com/tlog_26011615/

御菓子処 嵯峨嘉「栗おはぎ」名取裕子さんのおめざ
http://omezafan.blog.fc2.com/blog-entry-2415.html

これだけ取り上げられているということは、おはぎの味も期待感が自ずと高まってしまいますね。

さっそく食べてみると、

blog_20150320007
中にも花菜漬を刻んでおはぎに混ぜ込んであり、しょっぱさと甘さが絶妙な塩梅でした。
ものすごく、自然な甘さでおそらく何個でも食べられるくらいのやさしい味わいです。今度は嵐山のお店で、紫蘇もちを食べてみたいです!

blog_20150320008
「花菜漬」はお酒のアテになりますよ!と、ワインソムリエでもある川久さんに薦められたのもありまして、前回チャリティーカットでお手伝いした神戸・岡本のSynergyさんところからいただいた白ワインと合わせてみようかと思い、封を切りました。

blog_20150320009
一応、お漬物のお奨めには「とろろをからめて…」とありましたが、今回はずぼらして、だし醤油を垂らして戴きました。

blog_20150320010
今日もご縁つながりのおかげで、美味しいものを戴きました。ありがとうございます。

ツナガリストのアタマのなか

「旬というのを感じ、そして次に訪れる旬を待つ愉しみ。」

大量生産の品質管理。という当たり前の消費社会と真逆の「その日必要な分だけをその日のうちに召し上がる」という食文化。

実は、安定供給が実現している世の中だからこそ、余裕をもって楽しめるのではないかとおもいます。
なので、いまの食品産業に関わる多くの方々の日々の研鑽によって成り立っている食の流通社会を否定するつもりはございません。
また、バレンタインデーとか、クリスマスといった商業的に作られた催事のピーク需要を肯定するつもりもございません。

ただ、「足るを知る。」であったりとか「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」といった昔からの格言をふまえつつ、
誰にとっても普く供給される社会というのではなく、「無ければないなりの生き方」だったり、「今の旬を惜しみつつ、次の旬を待つ愉しみを糧に生きる」といった思想をもつことが、これからの行き過ぎた大量消費社会の振り子を戻す第一歩となるのではないかとおもったりしています。

春の植物のもつ特有の”苦さ”が
『このままでいいのかい?』
と問いかけているようで、ふと目を覚まして思い立った次第であります。

エンゼルマークの当る確率?

【備忘録として】
テレビでたまたま森永製菓のアーモンドチョコボールの紹介をしてました。
そこで、金なら1枚、銀なら5枚。で有名な「おもちゃの缶詰」の話がでていました。

「当たったっていう人、見たことない」
「本当に当りって入ってるん?」
というお決まりのツッコミに対し、

「毎月1万人の方へおもちゃの缶詰を発送しています」

「チョコボールは1日約37万箱製造しています」

というメーカー側のコメントが。

単純に計算すると、

37万箱/1日 × 25日(週6稼働として)=925万箱が出荷され、
そのうちの1万箱が(銀なら5枚だけどそこは無視)当りの箱だとすると、約0.1%の確率。

1,000箱=20箱×50ケース=1,950×50=97,500円分買えば当たる!かも。

ちなみに、すでに実測した方もいらっしゃるようです。ご参考までに

Yelp, 日本上陸!?

新しいWEBサービスが日本上陸。

世界最大級の口コミサイトが日本上陸 米「Yelp」

Yelpって何?どういう意味?とおもい早速ググってみますと、

【動詞】 【自動詞】
〈犬が〉キャンキャンほえ立てる 《★【類語】 ⇒bark1》.
【名詞】【可算名詞】
(犬の)キャンキャンなく声.
”研究社 新英和中辞典”より

他には、

yelp
【動詞】
1
甲高い調子の吠え声
(bark in a high-pitched tone)

the puppies yelped 子犬は甲高い叫び声をあげた
”日本語WordNet(英和)”より

Yelpとは、米国サンフランシスコに本拠を置くYelp, Inc.が運営している、飲食店などの店舗のレビューを投稿できる口コミサイトである。”Weblio英和対訳辞書”より

とありました。ということは、既に彼の国では市民権を得られたサービスということなんでしょうか、Facebookと同じ2004年にローンチされたようです。
それにしても、ツイッターにしても、日本人のボキャブラリーでは出てこなさそうな(少なくとも大学受験英語ではお見かけしない)単語だと思うのですが、そういう単語の方がネイティブにとっては親近感がある言葉ということなのでしょうか?日本でいったら「わんわん」という言葉はどちらかというと幼児の絵本とかででてくる単語、だからこそ誰もが親しんだことがあるという言葉なのでしょうが。この辺のネーミングセンスは文化の違いなんでしょうか?

朝日新聞によると、『実名主義による情報の信頼性を担保した形で友だち同士で店を勧め合う使い方も図りながら、日本で先行する「ぐるなび」や「食べログ」に挑む。』ということらしい(括弧内は筆者解釈)。

実名主義が日本ではネックになるのかなぁという気がします。つまり、浸透スピードが遅いのではないかと。
信ぴょう性を担保するというのは、本来「コストを払う」べきことであるわけですが、ネットサービスの場合、これを「無償の善意」というカタチでどうも回していこうとするきらいがあります。そこにサービスの破綻を来すほころびがあるようにも思います。ともあれ、じわじわと広がるのではないかとおもいますのでその辺でキャッシュフローが流れていくのか注目するところではあります。

“サバ料理しかない店”、繁盛のカギは「クラウドファンディング」!?

こちらの鯖専門店は、独自性を追求したお店です。
「鯖ずし」一本でやってこられていましたが、関西の百貨店での催事コーナーでも「鯖ずし」が採り上げられたりしています。
自らも「サバ博士」と名乗り、小学生などに鯖の卸し方教室など行って、鯖の啓蒙活動を行っていらっしゃいます。

そして、今回大阪・福島区において鯖専門店「SABAR(サ・バー)」をオープンさせました。
2014年1月のオープン以来、大盛況で「鯖のおいしさを伝える」アンテナショップとしての役割を十分発揮しているかとおもいます。
今後は神戸、東京にも進出計画があるということで、益々目が離せません。
“サバ料理しかない店”、繁盛のカギは「クラウドファンディング」!?

こちらのお店のもうひとつの特徴は、資金調達を「クラウドファウンディング」によって得ていることであります。
ミュージックセキュリティーズが運営するクラウドファウンディングのプラットホーム「セキュリテ」を使い、小口投資家を募っているのだが、既に当期の募集目標金額は達したそうだ。

そしてこのクラウドファウンディングの魅力は投資だけでなく(元本割れのリスクは伴うし、お店側も委託手数料は銀行の融資よりも高めであるにもかかわらず)、出資者が超優良顧客になっていただくことで、ファン囲い込みをすることができるというメリットがあり、投資家にとっても「一緒にお店を大きくするというロマンを共有できる」というところが大きいのだということである。

つまり、

  • 少額で始められ、しかもそこそこ投資効果もある。
  • お店のスタートアップにはある程度の「常連客」の囲い込みが必要であるが、事業開始時に既に出資者が超優良顧客となっている。
  • 単に投資目的だけでなく、オーナーの夢を出資者として応援することで、同じ夢を共有できる(大企業への投資ではなかなか得られない)幸せがある。

というのは、飲食店ビジネスにおけるクラウドファウンディングの可能性を感じさせる。

その為には、やはり、経営者のビジョンへの共感、提供する商品・サービスへの惚れ込み、お店への親近感というものを、経営者側が上手にプレゼンできなければなかなか成立しないのではなかろうか。
そこら辺を、ミュージックセキュリティーズさんのようなクラウドファウンディング会社は上手にサポートしているのだろうし、そのための審査というのは厳しいのではないかと推察する。

ともあれ、右田さんの事業が成功してほしい。と、ファンのひとりとしては願わずにはいられない。

煎り酒

知っていたようで、知らなかったので備忘録的にメモ。

煎り酒とは、かつおぶしと、うめぼしとを、日本酒でコトコト煮込んだ調味料で、江戸時代から作られていたそうである。

これ単体の味は、かつおのだしが効いて、うめぼしの塩気とすっぱ味もでていて、美味だとか。

ふだんお醤油をかける替わりに使えるとか。たとえば、お豆腐、たまごかけごはん、さんまの塩焼き…etc.。

ぜひお試しあれ。

コーヒーブレイクしてみませんか?

珈琲を美味しく飲むためのあれこれ。
いわゆるまとめサイトをご紹介いたします。

http://www.yukawanet.com/archives/4010875.html

このなかで特に気になった記事は、
「インスタントコーヒーの粒をフライパンで空炒りしてから、お湯を注ぐ」
「インスタントコーヒーは、90℃前後のお湯で作る」
「インスタントコーヒーをいつも入れる量入れて、数滴の水で練る。その後、お湯を定量注ぐ」
「お湯に入れたインスタントコーヒーを鍋で軽く沸騰させる」
この順番でインスタント(=ネスカフェなんでしょうねw)を淹れてみたらおいしいのができるかも?

で、最近はコンビニで淹れたての珈琲が100円程度で飲めるようになりましたよね。
あれって街のファストフードやカフェだけでなく、コンビニ店内の缶コーヒーにとっても脅威になると思うんですけど…。
実際に、マクドナルドでのプレミアムローストコーヒーの成功(最近はどうなんでしょう?発売初期の感動は薄れてしまったのは私だけ?)で、
コンビニとしてはお客様が取られたということへの対策として100円コーヒーの販売を始めたのではないでしょうか?
それとも深煎りローストのシアトル系コーヒーの浸透により、コーヒー豆が安く手に入るようになったのでしょうか?
いずれにしても、先ほどのインスタントがうまくなる方法のように、あまりコストをかけずにそれなりに美味く感じれるコーヒーというものが、淹れられるノウハウなり環境がコンビニ側で整ったのだということだといえますね(だって一杯ずつ挽いてるし)。

コンビニコーヒーについてはこちらの記事も面白いですので、ちょっとご紹介。
http://matome.naver.jp/odai/2137351572553391601
要は、佐藤可士和氏のデザインによるコーヒーマシン(セルフ式)が消費者にとっては操作方法が少々わかりづらく、各店舗にて様々な工夫が施されている点。工業デザインとしては、たとえばアップル社のiPadなんかが有名でありますが、やはり直感でわかるというデザインというものは必要かと思いますね。わたくしも実際、躊躇しました…。

ぶらり街歩き - 新開地 –

新開地のアートビレッジセンターに行く用事があるので、
http://kavccinema.jp/lineup/249

そのときに新開地の中華「宝楽」さんにでも寄ってみようかな?

宝楽さんは、土日が定休日。アートビレッジシネマは火曜日休みらしいので、
月曜日(21日)がいいかな?ランチ(11:15-13:30)のあとに、13:00から映画としましょう。