マインドフルネス…なんて違和感ありな表現なんだろう

瞑想。流行ってますね。
検索してみても、いろんなHow to が紹介されています。それこそ迷走しそう。
昔はメディテーションって言ってませんでしたか?最近はこのマインドフルネス。

マインド=精神
フル=満たされた
ネス=その名詞形?状態、様。
したがってマインドフルネスとは、精神が充実した状態。とでも訳すんでしょうか。
でも、瞑想するというのは、精神が充実した状態に達する為の所作を指すのでしょうか?
精神が充実した状態とは逆に、頭の中を空っぽにした状態が瞑想なのだと思ってましたから。

ストレス社会といいますが、外部からの刺激が人間には必要です。
人は刺激によって自分の立ち位置といいますか、尺度を意識するのだと思いますし、成長にはとても必要な要素だとおもいます。
しかし、外部からの刺激が過剰なのが現代社会といわれています。

なので、過剰な刺激にさらされている自分=脳をクールダウンさせるやり方が瞑想なのだと思います。

いろいろなことを考えているのが煩悩だといいますが、実は人間は瞬間瞬間でイメージしている事柄は一つだけなんだと思います。マルチタスクではありません。ドラムやピアノで手足を同時にバラバラで動かしているのは、マルチタスクなんだといえますが、そのときの脳は実は空虚なんだといえます。つまり、何にもとらわれていない、一つのことに集中せずにいられている。

だから、マインドフルネスという言葉ではないように思うんですよね、脳がパフォーマンスしている状態って。

最後に、久しぶりにブログをアップして、なんでこのテーマなんか?
今年が始まって既に七草粥…なので、遅ればせながらブログも更新していこうかしらんと思い立ちまして…。たまたまFBFの方のブログを読んでの読後感を認めました。
参考ブログ:Love myself 私の愛し方
林田七恵【ホリスティック美容家、オーガニックコスメ開発者】
http://ameblo.jp/linda-nanae/entry-12234470550.html

いつかお会いしてみたい方です。福岡に行ってみよう!

【おまけ】瞑想とは?でググると…。
”瞑想の具体的方法 | 30分でリフレッシュ&幸運体質!”
http://taking-a-stand.jp/how-to-do-meditation-2246

”瞑想のコツと方法をわかりやすく解説、効果を感じられるやり方とは?”
http://nolovenoteam.com/meditate-zen-1468.html

”瞑想のやり方やコツとその効果を、できるだけ詳しく言語化してみた【新宮 慶 式】”
http://selfquest.hatenablog.com/entry/2016/06/26/133302

”瞑想”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9E%91%E6%83%B3

”瞑想とは何か!?その意味やするとどうなるの?マントラって?やり方や ”
http://xn--u6j5kl87fyjal12gfqa912a.jp/meisou-zyoutai

”正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一する7つの方法”
https://spiritualism-japan.com/meditation72/

”1分30秒で理解する・瞑想とは何か?を知る3つのステップ。”
https://spiritualism-japan.com/meditation2/

”初心者でも超簡単、集中力のいらない瞑想方法”
http://wellness-to-go.com/2013/04/09/%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85%E3%81%A7%E3%82%82%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E7%9E%91%E6%83%B3%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9/

いろんなひだねが…

インフレーションの先には、バーストが待っている。
それはまるで膨らみ過ぎた風船が辿る結果と似ている。

バーストの先には、新たなる秩序に従った、成長がはじまる。
世界は行き過ぎた成長を心のどこかで「危うい」と思っているに違いなく、
その先の新たな成長が必要だと薄々感づいているのではないだろうか。

そうなってくるとバースト(破綻)の箇所は、一番脆いところとなるのは想像に難くない。

ならば、世界の均衡を破るのは、超大国のうちいずれか?

米国の弱体化が現在の色んな火種の発端だという人がいるが、
果たして米国がこの風船時限爆弾リレーに敗れるのであろうか?

中国、ロシアは果たしてどうだろうか?

本邦も火種は抱えている。

しかし、超大国ではない、小国が発端となることは大いにあり得るし、
またそういったところから始まる方が大国は与し易い。

国内での政情不安がなく、経済的に行き詰まり、外へ干渉する以外これといって打つ手なし。
といった大国が、新たなバーストを生む(つまり戦争の引き金を引く)のだといえる。

今年に入って、イランとサウディが揉め出したのも、
アメリカと中国、ロシアが直接対決するのではない代理戦争的な?様相かもしれないなと、
ふと思った次第である。

日本酒祭inタカシマヤ

滅多に書かないですが、業務連絡をば。

昨日、知り合いのキクちゃん(原口起久代さん)のプロデュースによる、百貨店では日本最大級!?の日本酒イベント「日本酒祭」が開催されていましたので、雨降りで外出する予定を入れずにいたら、完全に夏日和な昼下がりとなりました為、急遽参戦いたしました。

(誰だ、雨降る言うてたんわ!)という気持ちは、どこへやら、会場に着くなり、人、人、人!
 
 
   
 
ものすごい人気です。
(実は、オープン初日はガラ空きだったと聞いてたんで余裕かとおもって見くびっていました)

さすが、関西のお客様は迫力が違う!とは、地方の出展者さまが漏らす声として定番ではありますが、わたくしが行った午後3時すぎではもうすでに試飲サンプルは無くなってしまっている蔵元さんたちがほとんどで、結局(人気薄?の)試飲サンプルが提供できる蔵元さんところへは、まるで雛鳥が親鳥にせがむかのごとく、紳士淑女が杯を手に群がります。

ちょうどお中元の先行受付会場も併設されていましたが、日本酒を買って宅配で送るという方の列は見受けられず、おそるべし関西という印象を焼き付けていたとおもいます。もちろん、かごに大量のお酒を入れていらっしゃる方もいて、日本酒ファンが集うイベントなんだなぁと改めて思いました。これに懲りずにぜひ蔵元さんたちには次回もお越しいただきたいと存じます。m(_ _)m

お目当ての蔵元の試飲にありつけず残念な想いをしましたので、ニュー日本酒Barうさぎの出張特設会場で、30人は軽く入れる超ロングカウンターにほぼダークダックス状態で無理くり身体を寄せ合いながら、飲む事にしました。

   
  

  

  

  

 
間に割って入っていくので、迷惑料として持ち込みの酒の肴を両サイドのご婦人にお裾分け。
にせうにどうふという熊本の珍味、とうふを味噌に約半年間漬け込んだもので、お酒に合うあう!
両サイドの御婦人方もお気に召していただき、あとで買って帰ってくださいました(回し者か!)。

それにしても、片方の御婦人は旦那様とご一緒に滅多に高島屋さんには行かないとおっしゃってましたが、テレビで紹介されてた日本酒がたまたまご子息のお勤めの酒蔵さんだということで、来られたそうでした。結構、お酒もすすみ色んな面白いお話もお聞きして、もう一軒行く?みたいな感じでお誘いいただいたのですが、急にご夫婦水入らずのところをお邪魔するのも何でしたので、連絡先だけお渡しして次回のお約束をさせていただきました。

今朝、電話がかかってきたのですが、もしかしてウツノミヤさんでしょうか?
ご連絡お待ち申し上げております。

【書評】地域No.1を目指すな!地域繁盛店の売上を50倍にする・中小企業向けダイレクトマーケティング論: 地方だから成功できる! (売上があがるウェブマーケティングシリーズ) [Kindle版]

【書評】地域No.1を目指すな!地域繁盛店の売上を50倍にする・中小企業向けダイレクトマーケティング論: 地方だから成功できる! (売上があがるウェブマーケティングシリーズ) [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LW7R3VE

ごめんなさい、Kindleで初めて正規のDLをさきほどしたばかりでして…まだ読了しておりませぬ…

さて、
著者である覚田さんは、その筋では知らぬものは居ないというくらい有名人でして、
わたくしも一度だけお話させていただきましたが、
その波瀾の人生も含め、言にとても説得力のある方であるなとおもっております。

そんな覚田さんが最近、自身のFacebook上で「本を出します」とお知らせしておりましたので、
早速ポチり。
実はこの本は、
Kindle版はなんと99円!Amazonプライム会員なら無料!!
それにしても、Kindleに代表される電子書籍市場が拡大するためには、ハード&ソフトの両面の充実が必要だというのはかつてのビデオデッキの普及の例を引くまでもなかろうかとおもいます。
ソフトが出版しやすいという圧倒的なメリットによりこれまでになくレーベルの裾野が拡がることもメリットだとおもうのですが、いかんせん既得権益の反発が強い(面白コンテンツの作家さんを有する出版社は、囲い込みしてる?)のだとおもわれ、なかなか実現していないのが現状かと。
そんななか、覚田さんのような方が現状打破するという姿勢はとても勇敢なことだといえます。わたくしも、いちファンとして応援しております。

覚田さんの著した本ですから内容は文句なしに面白いし役に立つことでしょう。
普通のページ数の電子書籍をKindleで読むというのも(ほぼ)初体験なので、今からワクワクしています。

【書評】・・・☆(まだ読んでないので)

※蛇足:もしかしてだけど、最初にこういう破壊的な価格で訴求することで、アーリーアダプターの心を瞬く間にキャッチして、この書籍に対する巷の評価を確立させた後に、ペーパー版書籍を出版するのではないか?という戦略だとしたら、さすがだなとおもいます。

参考サイト:あんまりネット上で最新のデータがググれなかった…これも電子書籍市場の大きなキャズムなのかしらん?

2013年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査
http://www.ictr.co.jp/report/20130425000037.html

2014年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査
http://www.ictr.co.jp/report/20140528000061.html

タブレットの国内出荷台数は713万台、iOSとAndroidのシェアは1%の僅差
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140528_650704.html

「Kindle」が「kobo」を抜いて利用者数1位に、ただし全体的に低迷―定期調査「電子書籍」(8)
http://internetcom.jp/research/20130712/1.html

Kobo担当役員「今はKindleが圧倒的、Koboは厳しい状況」
http://ascii.jp/elem/000/000/845/845593/

自分で電子書籍を出版するなら:”http://bookissue.biz/blog/category/kindlebook”
http://bookissue.biz/blog/category/kindlebook

コーヒーに、シリコーンって…(>_<)

コーヒーに、シリコーンって…(>_<) silicone
とおもい、ググってみると、こんなのが…。

シリコーンは添加物ですか?
http://okwave.jp/qa/q4118884.html

”添加物です。
ですので、いくら食べても問題ないというものでも、人体にまったく危害をもたらさないというものではありません。
ADIも0 ~ 1.5mg/kg/dayと設定されています。
一方、ADIとはヒトが毎日この量の添加物を摂取しても一生無影響であろうという最大値ですので、メーカーが基準を守っている以上、製品を食べても問題はないといえるでしょう。”

material→缶コーヒーにシリコーン!?
http://ameblo.jp/madscientist-bake/entry-11284862109.html

”このシリコーンっていうのは、
(Si-O-Si)のような結合がいくつも連なった分子構造をしており、
ほっそながくってらせん状の分子なんですね。
このらせんの内側に無機性、外側に有機性の構造が並ぶことで、
水に溶かされたとき、
水分子どうしの水素結合が切られ、分子間力を弱めるので、
表面張力が弱まる仕組みになっています。”

ブラック缶コーヒーに混入しているシリコーンとは…?
http://matome.naver.jp/odai/2137427740516945701
”シャンプーに入っているシリコンも缶コーヒーのシリコンもゴム素材のシリコンも、コーティング剤のシリコンも全て元は同じです。”

らでぃっしゅぼーや添加物大事典
シリコーン樹脂 
ポリジメチルシロキサン
http://daijiten.radishbo-ya.co.jp/outline/704.html

”油性又は水性の泡に強力な消泡作用を持ち、生理的に不活性であるので、醸造工業、発酵工業、その他のあらゆる食品工業で消泡剤として使われている。”

監修されている『猿田彦珈琲』さんというのは、こんな方。
http://www.georgia.jp/european/#interview
sarutahiko2
『これを飲まずにコーヒーは語れない!』
んだと。
sarutahiko

30年ぶりに人と語らう。

珍しく、というかほぼ初めてに近いかもしれないですが、

このブログにて日々の雑感なんていうものを書いてみたいなと。

今、SNSのチカラを感じております。

しばらく音信不通だった人と、SNSを通じてやりとりすることがありました。

しかも30年ぶりの友人と…。

全く会っていなくて、連絡手段もなく、しかもそれぞれ全く別の道を進み、
その道のりがどうであったか全く知らないまま過ごしてきた30年ですので、
ある意味、知らない人といってもいいくらいの関係でしたが、
偶々共通の(ということも偶々会って話してみて分かった)友人との、これまた20数年ぶりの再会によって、
Facebookをしているということが判明したのがきっかけでした。

相手のFacebookを見ると、断片的ではありますし、最近のことしか分かりませんけれども、
急に近しい感じがしてきましたので、
相手はわたくしのことなんか憶えていないだろうけど、ダメ元でメッセージと友達申請をしてみました。

すると、すぐに友達承認と返事が…!
すぐさま連絡を取り合い、30年ぶりの声を聴きました。
そして大いに語り合いました。

今度逢う約束も致しました。

とても楽しみです。

寝落ちで未ウP

昨日は投稿しようと思っていた、保久良さんのこの1ヶ月間の表情を撮りためていた画像を一斉アップしようとしたのだが、
ネット環境が悪い為、画像を編集(リサイズ)してからでないとWordPressではアップできないのだが、元画像をそのまま編集してしまうと嫌なのでいったんDropboxに上げようとしたら、なかなか上がらず、気がついたら寝落ちしていました。

けっこうな枚数だったので、撮影後にちょこっとずつでもアップしておけば良かったかなぁと後悔しております。

気がついたらもう弥生3月。もしかしたら、弥生会計というソフトは3月の確定申告の時期にかけて命名したのでは?
みなさん、確定申告はもうお済みですか?

福男で街興し

今年いちばんの冷え込みの今朝6時、商売繁盛のえべっさんで知られる「西宮神社」にて、今年の福男を決める神事が行われました。
朝6時の開門と同時に、本殿までの参道まで早く辿り着いた一番から三番までが今年の「福男」に選ばれる。
ちなみに、女性も可。でもそのときは福娘?

そもそも平安時代から十日えびすの時にはいったん門を閉めて神社の境内のお清めをしてから開門していたようで、江戸時代には朝一番に開門したときにお参りした方がご利益があるといういわれで、開門を待つ人たちがいたようで、それがだんだんエスカレートしていったみたいですね。今のスタイルになったのは、1940年からだそうですが、2004年に不正(共同謀議)があり一番福の返上という事態になった為、現在は抽選して立ち位置を決めるようになったそうです。

こういうの、正月の風物詩的なニュースソースとしてマスコミにとっては”おいしい”ネタなんでしょうが、
あまりにもエスカレートしてしまって、事の本質が変質化してしまっているのではないでしょうか。

一番にお参りに来た方は信心が厚いということで、神社側も喜んで迎え入れたというのがはじまりとすれば、
走っての競争になるのは必然だといえます。

このような神事をレースというイベント化にしてしまうと、マスコミ受けするのは事実なので、
このモデルを模倣して、町おこしできるのではないかなと思うのであります。
(シャッター通り商店街を深夜駆け抜けるとか?)
『日常の、非日常化』というのは祭りの要素としては外せないですし、今も昔も人を惹きつけるのだと思います。