マインドフルネス…なんて違和感ありな表現なんだろう

瞑想。流行ってますね。
検索してみても、いろんなHow to が紹介されています。それこそ迷走しそう。
昔はメディテーションって言ってませんでしたか?最近はこのマインドフルネス。

マインド=精神
フル=満たされた
ネス=その名詞形?状態、様。
したがってマインドフルネスとは、精神が充実した状態。とでも訳すんでしょうか。
でも、瞑想するというのは、精神が充実した状態に達する為の所作を指すのでしょうか?
精神が充実した状態とは逆に、頭の中を空っぽにした状態が瞑想なのだと思ってましたから。

ストレス社会といいますが、外部からの刺激が人間には必要です。
人は刺激によって自分の立ち位置といいますか、尺度を意識するのだと思いますし、成長にはとても必要な要素だとおもいます。
しかし、外部からの刺激が過剰なのが現代社会といわれています。

なので、過剰な刺激にさらされている自分=脳をクールダウンさせるやり方が瞑想なのだと思います。

いろいろなことを考えているのが煩悩だといいますが、実は人間は瞬間瞬間でイメージしている事柄は一つだけなんだと思います。マルチタスクではありません。ドラムやピアノで手足を同時にバラバラで動かしているのは、マルチタスクなんだといえますが、そのときの脳は実は空虚なんだといえます。つまり、何にもとらわれていない、一つのことに集中せずにいられている。

だから、マインドフルネスという言葉ではないように思うんですよね、脳がパフォーマンスしている状態って。

最後に、久しぶりにブログをアップして、なんでこのテーマなんか?
今年が始まって既に七草粥…なので、遅ればせながらブログも更新していこうかしらんと思い立ちまして…。たまたまFBFの方のブログを読んでの読後感を認めました。
参考ブログ:Love myself 私の愛し方
林田七恵【ホリスティック美容家、オーガニックコスメ開発者】
http://ameblo.jp/linda-nanae/entry-12234470550.html

いつかお会いしてみたい方です。福岡に行ってみよう!

【おまけ】瞑想とは?でググると…。
”瞑想の具体的方法 | 30分でリフレッシュ&幸運体質!”
http://taking-a-stand.jp/how-to-do-meditation-2246

”瞑想のコツと方法をわかりやすく解説、効果を感じられるやり方とは?”
http://nolovenoteam.com/meditate-zen-1468.html

”瞑想のやり方やコツとその効果を、できるだけ詳しく言語化してみた【新宮 慶 式】”
http://selfquest.hatenablog.com/entry/2016/06/26/133302

”瞑想”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9E%91%E6%83%B3

”瞑想とは何か!?その意味やするとどうなるの?マントラって?やり方や ”
http://xn--u6j5kl87fyjal12gfqa912a.jp/meisou-zyoutai

”正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一する7つの方法”
https://spiritualism-japan.com/meditation72/

”1分30秒で理解する・瞑想とは何か?を知る3つのステップ。”
https://spiritualism-japan.com/meditation2/

”初心者でも超簡単、集中力のいらない瞑想方法”
http://wellness-to-go.com/2013/04/09/%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85%E3%81%A7%E3%82%82%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E7%9E%91%E6%83%B3%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9/

ピケティの『21世紀の資本』というのは、どうやらこういうことらしい。

ピケティの『21世紀の資本』という本は700ページにも及ぶ分厚さと難解さにも関わらず、
ベストセラーだということで、読んでみようかとおもってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

でも、時間のない現代人にとっては(笑
「結局のところ、どうよ?」
ということで、解説本も「ついで需要?」で売れているようです。

しかし、わたくしがおすすめしたいのは、こちら
といってもピケティの本の解説というのではなく、それにまつわる日本の出版業界の立ち位置について述べてらっしゃるのですが、
そこでも「バカの壁」以降の「新書」ブーム、それはひょっとしたら現代人の時短の要請によるのかもしれませんね。

『バカの壁』が2003年刊行だから、もう10年以上もやってるんですね。どこの出版社も、毎月2冊みたいなデスマーチで、著者にとっても1カ月くらいで書き上げなくちゃならなくて、装丁デザインは決まっちゃってて工夫のしようがなく(あんなに大きい帯かけるんだったら意味ないじゃん、ってなのも多いですね)、印税率がヒト桁で、初版数もほとんどの本は数千部しか捌けなくて、あとは同じようなタイトルがずらっと書店に並んで黄ばんで行くんですよね。

という点はビジネスモデルとしての「出版業」というものと対極をなす視点であるといえ、それ故今出版業界が閉塞感に陥っているのではないでしょうか。疲弊していってる中からの脱却としては、消耗戦からの離脱しかないと思いますが、他所との競争なので「自分だけが今のマーケットシェアを失う」というリスクを取れるのかどうかという点が悩ましいところではあります。

ちなみに、ピケティの『21世紀の資本』の中身は?

もちろん、結論だけが知りたいのならば、ぶら下がりで出されている入門書の類を読むまでもなく、「r > g(経済成長率より資本収益率の方が大きい)」で済んでしまうわけですし、実生活での例なら、キャバ嬢だって「人生、チマチマ働くよりも資産家の男をつかまえたほうが勝ち」みたいなことぐらい、ピケティ読まなくてもわかっているわけです。この本を読んだからって格差がなくせるわけでもないし。

ということは、つまり、
「r > g(経済成長率より資本収益率の方が大きい)」
なんですね。でもそこからしてわからない。資本収益率の方が大きくなると、資本家と労働者との格差がますます広がり…。
それを解消するための方策として資本家への税率強化による富の再分配が必要だと、おっしゃってる(そうだ)。

ほかにも、いろいろな解説がなされていて、
ピケティの説が正しいのかどうか、というところが議論されていますが、こういった議論が活発になるきっかけが”本”によるというのが、本の元々の意味だとおもいますので、そういった意味では「新書」のサイズでは長期的、本格的な議論というものが湧いてくるのか?ま、内容次第なんだといわれてしまえばそれまでですが、議論に耐え得る内容というのはボリュームに比例しそうだと、わたくしは思います。

【書評】ナタリーってこうなってたのか

正直、ナタリーってサイトは一度も見に行ったことがありません。
もちろん、サイトのサービス内容や津田っちとのかかわりについてなど、WEB業界でのジョーシキとしては存じておりましよ。
でもって、「ナタリー」って名前の由来はきっとフリオイグレシアスの「ナタリー♪」だろうなとおもっていましたが、本書にそのくだりが書いてて、本当にそのとおりなのに噴きました(笑

本を読んで面白かったのは、

・そもそもウェブはその成り立ちからして「全部ある」「フラット」な場所なのだ。
ナタリー最初の設計書として、①批評をしない。②全部やる。という2点を掲げていたが、突き詰めるとそれは「みっともないことをしない。」ということになると。
さらに、いま流行っているキュレーションメディアとの違いとして、
リコメンドされた情報を受容する楽さと、一次ソースから見出すという楽しみとの違いがあり、情報を見つける面白さのために、全部ある、フラットで提供するということが大切なのだという考え方に立脚したメディアだからこそ、ナタリーの存在価値があるのだろうとおもえました。

・既存メディアの取材者の矜持について
ここの部分は著書ではっきりとそう言及しているわけではないのだけれども、既存メディアの取材者があぐらをかいていないか?もっと勉強しなければキュレーションもできないぞ、という感じであろうか。もちろん、ナタリー側も理想に向かって精進しているというスタンスなので決して上から目線ではないのだろうけど、取材者の矜持として、取材対象に対するリスペクトやそこからくる事前準備というのはもつようにしているという強い姿勢が垣間見えてました。
 既存メディアとネットメディアとの決定的な違いは即時性、双方向性、にあるのだとおもいますが、キュレーションの世界において本質的には既存メディアが培ってきたノウハウの部分(取材力)というのがまず大切で、その意味ではわたくしは、ネットメディアの取材陣は、まず既存メディアで基本を叩き込まれた方がよろしいのではないかと思っていますが、そのお手本とすべき既存メディアでも既に作法が受け継がれることなく垂れ流されていっているのが現状なのかもしれないとすれば、修行にならないのかもしれませんね。


ちなみに、今回、ネット上でどなたかのリコメンドでこのタイトルを知りました。
すでにその時点でナタリー的ではないようですが、おかげで素晴らしい世界に出会えました。
なので、わたくしは、リコメンドの必要性を支持する立場ではありますww

【書評】地域No.1を目指すな!地域繁盛店の売上を50倍にする・中小企業向けダイレクトマーケティング論: 地方だから成功できる! (売上があがるウェブマーケティングシリーズ) [Kindle版]

【書評】地域No.1を目指すな!地域繁盛店の売上を50倍にする・中小企業向けダイレクトマーケティング論: 地方だから成功できる! (売上があがるウェブマーケティングシリーズ) [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LW7R3VE

ごめんなさい、Kindleで初めて正規のDLをさきほどしたばかりでして…まだ読了しておりませぬ…

さて、
著者である覚田さんは、その筋では知らぬものは居ないというくらい有名人でして、
わたくしも一度だけお話させていただきましたが、
その波瀾の人生も含め、言にとても説得力のある方であるなとおもっております。

そんな覚田さんが最近、自身のFacebook上で「本を出します」とお知らせしておりましたので、
早速ポチり。
実はこの本は、
Kindle版はなんと99円!Amazonプライム会員なら無料!!
それにしても、Kindleに代表される電子書籍市場が拡大するためには、ハード&ソフトの両面の充実が必要だというのはかつてのビデオデッキの普及の例を引くまでもなかろうかとおもいます。
ソフトが出版しやすいという圧倒的なメリットによりこれまでになくレーベルの裾野が拡がることもメリットだとおもうのですが、いかんせん既得権益の反発が強い(面白コンテンツの作家さんを有する出版社は、囲い込みしてる?)のだとおもわれ、なかなか実現していないのが現状かと。
そんななか、覚田さんのような方が現状打破するという姿勢はとても勇敢なことだといえます。わたくしも、いちファンとして応援しております。

覚田さんの著した本ですから内容は文句なしに面白いし役に立つことでしょう。
普通のページ数の電子書籍をKindleで読むというのも(ほぼ)初体験なので、今からワクワクしています。

【書評】・・・☆(まだ読んでないので)

※蛇足:もしかしてだけど、最初にこういう破壊的な価格で訴求することで、アーリーアダプターの心を瞬く間にキャッチして、この書籍に対する巷の評価を確立させた後に、ペーパー版書籍を出版するのではないか?という戦略だとしたら、さすがだなとおもいます。

参考サイト:あんまりネット上で最新のデータがググれなかった…これも電子書籍市場の大きなキャズムなのかしらん?

2013年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査
http://www.ictr.co.jp/report/20130425000037.html

2014年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査
http://www.ictr.co.jp/report/20140528000061.html

タブレットの国内出荷台数は713万台、iOSとAndroidのシェアは1%の僅差
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140528_650704.html

「Kindle」が「kobo」を抜いて利用者数1位に、ただし全体的に低迷―定期調査「電子書籍」(8)
http://internetcom.jp/research/20130712/1.html

Kobo担当役員「今はKindleが圧倒的、Koboは厳しい状況」
http://ascii.jp/elem/000/000/845/845593/

自分で電子書籍を出版するなら:”http://bookissue.biz/blog/category/kindlebook”
http://bookissue.biz/blog/category/kindlebook

成功するネットショップ 集客と運営の教科書(書評)

昨日発売されたということで、さっそくポチッと。

しかし、今回はJPさんが配送するということで、今日の何時に届くかがWEBサイトからは分からない…なので、直接最寄りの郵便局へ問い合わせのTELを。

とても丁寧に受け答えて下さいまして、折り返し電話にてご連絡しますとのことでしたが、結構待ちましたね(15分くらいでしょうか)。たぶんドライバーの方との確認に手間取ったのでしょうか?

ともあれ、配達時刻がだいたい分かりましたのでそれまで待ちましょうということで夕方まで待っておりましたところ、時間より少し早くに届けて下さいました。なので、先ほど読了できました。ありがとうございます。

さて、本の中身についてですが、マーケティングの基本的な考え方を丁寧に説明されていたので、これからネットショップを初めてみようという方には非常に読みやすいのではないかと思います。
成功の秘訣と、失敗しないコツというものを教えてくださいます。
まさに帯に書かれている「とっておきのテクニック、教えます。」という感じです。

なかでも眼から鱗だったのは、「商品はマネできてもコミュニティはマネできない。」というところでしょうか。
USP(Unique Selling Proposition;お客様に対して自分だけが約束できる価値の提案)とよばれるものを何度も繰り返しアイデアを練りながらブラッシュアップしていくことに労力を費やしなさい(頭をひねるのはタダですから)というのも大事なところだと思います。

(揉めちぎってもアレなんで…)ネットショップは実店舗に比べ投資が少なくて済むメリットがあるのは確かなのですが、そのなかでカートシステムや決済手数料のところについての費用やサービス選びのアドバイスについて触れられていなかったようなのが、ソレ以外について丁寧に記述されていたのと対照的でありました。

【書評】ネットショップの打ち出し方のようでいて、すべての商売に通じる部分でもあるので、これから何かご商売をされる方にとってもオススメです。・・・★★

さとなおさん@グランフロント大阪in2014

昨日、久しぶりにグランフロントに行ってきました。
20140214_001
夕方でしたが、遠くに見えるスカイビルの窓ガラスに反射して浮かび上がっていました。

実は、迷子になってしまいました…。時間には十分すぎるくらい早めの45分前に到着したのですが、余裕ぶっこいて、ベンツのショールームなんか見て回ったりして(買う気ないのに)、「ほぉー、493万円かぁ。」なんて言いながら、1Fのスペースを歩いたりしておりました。しかし会場がてっきり地下だと思っていたら(だって案内には“ナレッジキャピタルカンファレンスルームB01+B02”って書いてあったのに…)、会場は別のセミナーで埋まっているので、おかしいな?と思い、案内をもう一度よく見てみると“グランフロント大阪タワーB10階”と別記してあり(なんで二つも書くの??)、しかもエレベーターは9Fまでしか行かず、そこから10階に上がるためのエスカレーターが見つからずにオロオロ…。
20140214_002
【告知】来たる2月16日は、グランフロント全館閉館です!念のため。

20140214_003
10階からの眺め。梅田北ヤードはすっかり空地になってしまいましたが、はてさてセントラルパークみたいな緑地公園ができるのでしょうか?これも市長が変わると大きく変更したりするのでしょうか。

20140214_004
で、なんでグランフロントに行ったかというと、さとなお(@satonao310)でおなじみの佐藤尚之さんの講演会を聴きに参りました。

20140214_006
さとなおさん。 帽子がよく似合うw

20140214_005
シフトしなくちゃ問題。

コミュニケーション・シフト
プラットフォーム・シフト
ソーシャル・シフト

この3つのシフトについて、とても1時間半では語りつくせないですが、(160ページのパワポ!)駆け足で。

20140214_008
プラットフォームにメディアをのせるイメージで。

情報共有プラットフォームで
情報がどう「共有」されるか、
人から人へどう伝播するか。

それを考えることが
今後のプランニングの肝!

20140214_011
さとなおさんは、先日インフルエンザに罹ってしまったとFBで書かれていて病み上がりでしたし、明日はまた大雪の予報でしたので、東京には今日中に帰らなければならないという状況にも関わらず、懇親会にも参加してくださいました(ウーロン茶でカンパイ)。

わたくしは2年前Amazonで初版本をポチっとしておりました「明日のコミュニケーション」を密かに持参しておりましたが、サインしてもらえるとは思っておらず、懇親会での名刺交換の際に、「実は、さとなおさんの「明日のコミュニケーション」を持ってきておるんですが、サインしていただけますか?」と尋ねると、「いいですよ!」と言って下さり、
20140214_010
突然の申し出にも快く応じていただきました。「サインは、表紙のところでいいですよね?」
OK牧場です!って答えましたが、スルーでww

20140214_012
念願のサインを戴きました。さとなおさん、家宝に致しますm(_ _)m


【書評】文句なしに、すべての広告マン必携の書。ソーシャル・シフトについて書かれた指南書。・・・★★★

苦手な仕事や目標を達成するには「時間で設定する」のが効果的

たまたまなんですけど、異なるネットメディアから2つの異なる情報が採り上げられていたのですが、
中身が非常に似通っていたので、まとめて紹介したいとおもいます。

目標を達成するには「時間で設定する」のが効果的

曰く、『時間的な目標は、距離的な目標よりも良い(つまり走るのであれば4kmではなく10分の方が、勉強であれば2章分ではなく2時間の方が、より効果的)。そして、

  • 達成したい目標を明確にする
  • それをするために1日15分だけ時間を割く
  • 1年後まで続いていれば、91時間それをやったことになる
  • 』と。

    また、
    【ニュース】先延ばしの心理メカニズムとその対処法とは

    習慣化コンサルタントの古川武士氏によると、
    『(1)時間を限定する
    まずはゴールを完成状態ではなく、「時間」とします。そうすればプロセスに集中できるといいます。大切なのは1歩をどんどん積み重ねること。本当に気が乗らないときは5分、苦手な作業などは15分、重要な仕事は90分をゴールに設定するなど、時間で区切って行動するのです。』とのこと。

    ちなみに、件の古川武士氏は、
    『30日で人生を変える「続ける」習慣』の著者でもあります。
    NLP、コーチング理論に基づいた、科学的な「継続の仕組み」を書かれていて、本当にためになりました。・・・【★★★】

    プレゼンテーションとは?

    プレゼンテーションとは、「何をどう伝えるか」というよりも、「だれがどんな想いで伝えているか」が大事。

    なるほど、と思ったひとことですので、備忘録として。

    最近お知り合いになった方がオーストラリアに行かれていたので、講義のない間のバカンスかと思いきや、
    今までまったく知らなかったという先生のセミナーに急遽参加したという話を伺いました。
    そんな先生とはどんな方だろう?と思っていましたら、この方でした。有名なのは、こちら

    久々の投稿ですw
    この本は以前エレベーターに閉じ込められたときにご一緒させていただいた方からお薦めいただいた本です。

    中身としては、ここでは敢えて申し上げません。とにかくおすすめです!
    しかし、異なる方からお薦めいただく本というのは、それだけアツい内容だということの証だと思いました。
    異なると申しましても、それぞれ別々の分野でありながら、その分野においては卓越した知識と信頼性、存在感をもっていらっしゃる方たちなので、そういった方がお薦めする本は読む前からこちらの意識(心の準備)も違うというものです。

    「ゼロからトースターを作ってみた」村井理子 訳

    これは全くばかばかしいお話である。
    でも、真面目にばかばかしい問題に取り組む姿は、少年のようにピュアである。

    単純な動機から世界を巻き込む?大きな問題に取り組む主人公の、科学的思想的背景の確かさは見事である。
    さすがにこんなばかばかしい事を考えるには、それなりに深い知識が無ければならないだろう。
    そして、常識で考えれば「それはムリ」といえることに対して、逃げない(たまに逃げるけれどもそこはそれ、ご愛嬌ということで…)。

    環境問題、文明論、そして人類学について考えさせられる「トースター」作りのお話。
    ぜひ日本の若者たちにも、これくらいの無茶な夏休みの宿題にトライしてもらいたいと思う。

    元がブログ?なのか、すごくポップな文体なのであるが、それをまた読みやすく訳してくれているので、ライブ感を損なわれる事無く、あっという間に読み進めることができた。

    実は、FB友達の紹介でこの本を知ったのだが、訳者の方をご存知のようすで、私が購入したことをPOSTしたら、すぐさま訳者ご本人からコメントを頂戴しました。書評については、こちらで代えさせていただきます。

    【書評】少年の冒険は、壮大な歴史ロマンの世界まで、人々を誘う。・・・★★★

    末広栄二 著 「売上を2倍にする! ソーシャルメディア 成功の方程式」

    「よくぞここまでバラしちゃっていいの?」というのが率直な感想です。
    TwitterやFacebookといったSNSについての細かなHow toというよりは、その前提となるべきマーケティングの戦略手法という基本的な部分から丁寧に書かれた、予備知識のあまりない初心者の方にも非常に入りやすい書かれ方をされてらっしゃるようにおもいます。たくさん良いことが書かれているのですが、中でも印象的だったのは『ソーシャルメディアではプロセスがコンテンツ化されることで、企業活動との相乗効果も生まれるのです。』というところで、まさに「まずやってみる」という意識をもってそれをとことん継続できる企業がソーシャルで成功するのではないかと思いました。この本は、今からソーシャルメディアシフトされようとして悩んでらっしゃる方(企業の実務担当者)にこそ、ぜひ読んでいただきたいとおもいます。

    【書評】答えはシンプル。というのは本当です。 ・・・★★