Gmailで未読のメールを探すとき。

Gmailは便利なので重宝してますが、ときどきメールのチェックを怠っていると、
未読のメールがありますよ!というアラートがアイコンにでたまま消えないときがあります。

受信トレイのなかをくまなく探しても見当たらないので、どうしたもんかな?と思っておりましたが、
ググってみるとこれまた一発で解消されました。
(※ググれば解決というのは、ある種の思考停止状態だと思っているので、面倒くさがりなくせに、一応頭と手を動かしてみます)

答えとしては、検索小窓に「is:unread」と打てば、未読メールが結果として現れます。
で、これが「いs…」と変換途中にもかかわらず、オートコレクトででてくれました。
isunread

なんとも便利な機能を5年近くも知らずにいたなんて…。

HTMLに記述しているスケジュール予定を、自分のGoogleカレンダーに一発登録する為のTips

(備忘録として記す)

スクー(Schoo)という無料学習サイトがあって(有料会員制を募っている)、そこでは多くの魅力的な講師による講座が開かれている。
生徒として登録すると、自分が気に入りそうなコンテンツの授業のお知らせがメールで届き、その講座を事前予約してGoogleカレンダーに登録しておけば、見逃したりせずに安心して講座を受講できるという仕組みが売りのひとつである。

そこで、試しに「Googleカレンダーに登録する」というところをクリックしてみたのであるが、これがまたいとも簡単に自分のGoogleカレンダーが開いてきて勝手に講座のスケジュールを「保存しますか?」という段階にまでなっているではありませんか~!
googlecal_regist_1
なので、保存。と、すぐさま保存されたことが確認されました。(ま、これはGoogleカレンダーの仕様であるけれども)
googlecal_regist_2
これってものすごく便利だなぁと思ったので、どういう仕組みでGoogleカレンダーに登録するのを自動化できるのだろうか、
自分なりに調べてみました(そんなの当たり前だのクラッカーという人は以下、スルーしてくださいね~)。

まず、スクーの当該ページのHTMLソースコードを見てみますと、
1)HTMLのソースコード:
’http://www.google.com/calendar/event?action=TEMPLATE&text=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83…
%BC%E3%81%AE%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%80%8C%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A7%8B…
%E3%82%81%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEjQuery%E5%85%A5%E9%96…
%80%E3%80%8D&dates=20131108T210000/20131108T223000&details=WEB%E3%81%A7%E7%84%A1%E6…
%96%99%E5%AD%A6%E7%BF%92+%E3%80%80+%E5%A4%A7%E7%AB%B9+%E5%AD%94%E6%98%8E%E5%85%88%E7…
%94%9F+%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%8E%88%E6%A5%AD%EF%BC%81%0Ahttp%3A%2F%2Fschoo.jp…
%2Fclass%2F263&location=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E6%A1%9C%E4%B8…
%98%E6%94%BE%E9%80%81%E5%AE%A4&trp=false&sprop=http%3A%2F%2Fschoo.jp%2Fclass%2F263…
&sprop=name:schoo+WEB-campus’
という部分が登録するための値を引き継いでいる(であろう)記述でした。

つづいて、
2)Googleカレンダー登録時のアドレスバーのURL:
’https://www.google.com/calendar/render?action=TEMPLATE&text=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83…
%BC%E3%81%AE%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%80%8C%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A7%8B…
%E3%82%81%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEjQuery%E5%85%A5%E9%96…
%80%E3%80%8D&dates=20131108T210000/20131108T223000&details=WEB%E3%81%A7%E7%84%A1%E6…
%96%99%E5%AD%A6%E7%BF%92+%E3%80%80+%E5%A4%A7%E7%AB%B9+%E5%AD%94%E6%98%8E%E5%85%88%E7…
%94%9F+%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%8E%88%E6%A5%AD%EF%BC%81%0Ahttp://schoo.jp/class…
/263&location=%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E6%A1%9C%E4%B8%98%E6%94%BE…
%E9%80%81%E5%AE%A4&trp=false&sprop=http://schoo.jp/class/263&sprop=name:schoo+WEB-…
campus&pli=1&sf=true&output=xml’
という具合になっていました。

ちなみにこの”%E3%F2…”などで記述されているのは、漢字かな文字コードなのでしょうが何て書いてあるかさっぱりわからないので、デコードしてみました。
すると、
3)urldecode→sjis変換後:
https://www.google.com/calendar/render?action=TEMPLATE&text= スクーの授業「これから始める人のための ”jQuery”入門」 &dates=20131108T210000/20131108T223000&details=   WEBで無料学習 +” ”(スペース文字列)+大竹+ 孔明先生+ による授業! http://schoo.jp/class/263&location= スクー渋谷桜丘放送室 &trp=false&sprop=http://schoo.jp/class/263&sprop=name:schoo+WEB-campus &pli=1&sf=true&output=xml
と書かれていることが分かりました。

試しに、前半部分のリンク(https://www.google.com/calendar/render?action=TEMPLATE&text=)をリクエストしたら、無題のスケジュールを作成するという形で、Googleカレンダーが自動的に呼び出されました。

ですから、3)の文法どおりにHTMLで記述できれば、Googleカレンダーに一発登録することができるということがわかりました。
ただし、SJIS文字コードで記述されている平文を、urlcodeにエンコードする作業がひとつ別に入りますが、それは文字コード変換ツールを使えば簡単にできます。