【控えめに】たぶん成功しているでしょう。FB投稿をブログへ埋め込むテスト(3)

ヘルプセンターのリンクをクリックすると、
https://developers.facebook.com/docs/plugins/embedded-posts/
にて、Embede postのGet Codeボタンがあったので、ポチると、正しいスクリプトがゲットできた。
plugincode

見比べてみると、やはりいくつか異なる点があったので、修正を加えてみた。

修正点:
1)気になっていたen_USのところ、ja_JPに変えた(英語コードではなく、日本語コードの方がいいのか?とおもい)
2)「all.js#xfbml=l”;」→「all.js#xfbml=1″;」に。”l”ではなくて、”1”だった…。

これでOKだろう。

【成功!?】FB投稿をブログへ埋め込むテスト(2)

先ほどのテスト「FB投稿をブログへ埋め込むテスト」で、
なぜか表示されていなかったので、元記事「ブログ・WebサイトにFacebook投稿を埋め込む方法。」をよく読んでみると、
◆共有範囲が公開になっている投稿のみ埋め込みができる
とありました。わたくしがテストしたポストは、友達までの公開のものでしたので、それが原因でしょう、きっと。

ということで、過去に公開設定でポストした投稿を用いて、スクリプトをコピペしました。

これならうまくいったでしょー?

FB投稿をブログへ埋め込むテスト

テストです。「ブログ・WebサイトにFacebook投稿を埋め込む方法。」の。

で、早速試してみましたが、このような表示が…。
Fbembeded

スクリプトのコピペミスかしらん?

とりあえず様子見ですな。

LINE ついにキター!

日経新聞によりますと、
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD200GU_Q3A820C1MM8000/

LINEが通販事業を開始するとか。
さて、SNSの中でいちばんの元気印(⁉)が通販に参入することによって、他の陣営はどう出るか?ですが、わたくしはあまりインパクトを与えないのではないかと思います。
LINEには、リコメンドやキュレーションの機能が乏しいというのが理由ですが、私自身そもそもLINEについて楽しいと思って利用していないので、よく分かっていないという面もあるのですが…。

続けるということの大切さ

前回、今年の3月に行なったチャリティーカットの写真撮りのお手伝いを、今回もさせていただいた。このイベントは神戸・岡本の美容室「Synergy(シナジー)」さんが企画しており、今回で第3回となる。小学生以下の子供たちのカットを1,000円で行ない、その売上げ全額を東日本大震災で被災した気仙沼への復興に取り組んでいる岡本商店街振興組合へ寄付するというものである。
「顔の見える支援」ということで、チャリティーカットに参加していただいたお子様の顔写真を撮らせていただき、気仙沼へ寄付金だけでなく「寄付した人の顔が見える」よう、写真を添えて届けたいという考えから、毎回写真を撮らせていただいている。

この写真はたまたま前回初参加したお子さんが今回も参加されていた様子を写したものである。

20130819-234800.jpg

子供の成長の早さには驚かされます。前回は産まれて初めて髪を切ってもらったそうで、とてもおとなしくお利口さんでしたが、今回はカメラに戸惑い、ジッとしていられずにぐずりと、たいへんそうでした。

20130820-001550.jpg

しかし、このように子供の成長がトレースできるのって、なかなか体験できないし、この一連の写真をいつか大きくなってこの子が見たときに、「わたしってこの美容院で初めて髪を切ってもらったんだ。」ということをしみじみ分かるんだろうということが、何だか素敵だなと思ってしまいました。

ツナガリストがツナガリっちょに!?

先日、ギネス記録樹立の瞬間に立ち会いました。生まれてはじめてですw
8月17日(土)神戸KIITOにて、”豚まんにより最大の面積を占めて作成されたモザイクアート”に挑戦するイベントがありました。
その名も『ツナガリっちょKOBE〜被災地の子どもたちと世界記録に挑戦!!!

ツナガリストを自称するわたくしとしては、ツナガリっちょという名称で行っているイベントに参加しないわけにはいかないでしょー、というわけで前日の会場設営からお手伝いさせていただきました。

主催者のマゴちゃんさんとは、その日がはじめましてでしたが、一瞥してすぐにつながりました。これだけのイベントを成立させるのはなかなか大変なご苦労だとおもいます。おつかれさまでした。
今回これをきっかけにいろんな方とツナガリっちょできましたが、みなさんマゴちゃんつながりでFBを通じて参加されていらっしゃいました。
考えてみると、FBで募集をかけたイベントなので参加者はFBアカウントを持ってらっしゃる方ばかりでしたので、会場でお話させていただいた方、ほとんど全てとFB友達になりました。こういう体験ははじめてかも。

ツナガリっちょKOBE〜被災地の子どもたちと世界記録に挑戦!!!

ツナガリっちょKOBE〜被災地の子どもたちと世界記録に挑戦!!!


写真は、ギネス記録を認定された後の記念撮影です。
それにしても、ギネス記録というのを認定するのって、難しいようで意外と簡単にみえました。
この場合は、認定する方が1名、カウント計測する人が2名、ビデオでノーカット撮影する人が1名、で、
1)面積が正しいかどうか、キャンバスの長さを計測し(ちなみに、前回までの記録が10平方メートルで、今回は10.8平方メートルに挑戦)
2)隙間なく豚まんが敷き詰められているかどうかを目視し
3)使用された豚まんの個数をカウントし(これは正確な数字を発表されませんでしたので、いったい何個使ったのだろう?)
認定!と相成りました。

※撮影後の豚まんは、参加者およびスタッフが美味しくいただきました。

あと、ビックリしたのが、認定証でした。
ギネス協会?からの正式なギネス記録参加認定証(希望者のみ)のおねだん、なんと7,500円也!
修正_写真-2013-08-17-13-52-43

正当性を担保する為には、偽造防止のホログラムとかでも1枚あたり数円で印刷できると思うのですが、
やはり、途中にいろいろ介在するんでしょうかね、認定する為にはダブルチェック、トリプルチェックは当たり前!
多くの方の承認が必要なのかもしれませんw

サバだばだ、でゅーわー♪

わたくしの身の回りで、やたらとサバ缶がブームであった。
なぜに?

どうやら、ダイエットに効くらしいということで、ネット通販でもサバ缶は大人気だとのこと。
三陸地方の缶詰業者さんが潤えば、それに越したことはないが、こういう「だけ喰い」というのはブームが去るのも早い。
なので、ぬか喜びになるのもどうかと思う次第である。

で、実際どういう作用機作でダイエットにつながるというのか?であるが、
http://m3q.jp/t/622
によると、食べても太らない人に多く分泌されているホルモンGLP-1というのを活性化させる食材として、食物繊維とEPA(エイコサペンタエン酸)というのが挙げられており、EPAの多く含んだ食物として「サバ缶」が挙げられたということらしい。

なるほど、EPAなら青魚に多く含まれていて、一時期「頭がよくなる」成分として注目されていたっけか。
このときもマウスの記憶力向上にEPAが作用したという論文だったかが話題となり、さかなクン、そして魚の歌(さかなさかなさかな~♪さかなをたべると~♪ あたまあたまあたま~♪ あたまがよくなる♪)のヒットもあって、魚食の子供が増えるというブームがありましたね。
※今かんがえると、薬事法違反ではないのか?と言いたくなる歌詞でしたね。

こういう一過性のブームにならないよう、食文化として定着し、漁業が安定的持続をしていってほしいと切に願います。

コーヒーブレイクしてみませんか?

珈琲を美味しく飲むためのあれこれ。
いわゆるまとめサイトをご紹介いたします。

http://www.yukawanet.com/archives/4010875.html

このなかで特に気になった記事は、
「インスタントコーヒーの粒をフライパンで空炒りしてから、お湯を注ぐ」
「インスタントコーヒーは、90℃前後のお湯で作る」
「インスタントコーヒーをいつも入れる量入れて、数滴の水で練る。その後、お湯を定量注ぐ」
「お湯に入れたインスタントコーヒーを鍋で軽く沸騰させる」
この順番でインスタント(=ネスカフェなんでしょうねw)を淹れてみたらおいしいのができるかも?

で、最近はコンビニで淹れたての珈琲が100円程度で飲めるようになりましたよね。
あれって街のファストフードやカフェだけでなく、コンビニ店内の缶コーヒーにとっても脅威になると思うんですけど…。
実際に、マクドナルドでのプレミアムローストコーヒーの成功(最近はどうなんでしょう?発売初期の感動は薄れてしまったのは私だけ?)で、
コンビニとしてはお客様が取られたということへの対策として100円コーヒーの販売を始めたのではないでしょうか?
それとも深煎りローストのシアトル系コーヒーの浸透により、コーヒー豆が安く手に入るようになったのでしょうか?
いずれにしても、先ほどのインスタントがうまくなる方法のように、あまりコストをかけずにそれなりに美味く感じれるコーヒーというものが、淹れられるノウハウなり環境がコンビニ側で整ったのだということだといえますね(だって一杯ずつ挽いてるし)。

コンビニコーヒーについてはこちらの記事も面白いですので、ちょっとご紹介。
http://matome.naver.jp/odai/2137351572553391601
要は、佐藤可士和氏のデザインによるコーヒーマシン(セルフ式)が消費者にとっては操作方法が少々わかりづらく、各店舗にて様々な工夫が施されている点。工業デザインとしては、たとえばアップル社のiPadなんかが有名でありますが、やはり直感でわかるというデザインというものは必要かと思いますね。わたくしも実際、躊躇しました…。

Catch終了のお知らせ - めっさ使うとりましたや~ん(>_<)

Evernoteの対抗馬になるか?!と期待されていたクラウドサービス”Catch”が、なんと今月末をもってサービス終了という知らせが!
実際、Evernoteには無い音声データ(会議の録音)とかをも保存できる上に、あいぽんでのGUIがものすごくイケてたので、使い勝手がよくわたくしはテキストデータはEvernote、画像はDropbox、メモやアイデアノートはCatchと決めて使い倒しておりました。
http://www.lifehacker.jp/2012/09/120928tabroid_catch.html

catch_msg
それにしても、あっさりとした終了のお知らせですねー。

でも、突然の終了宣言に、正直「ちょちょちょ、ちょー待てよー!」と驚いてましたが、なによりこのCatchにはデータバックアップ機能がついていなかったのです。なので、今までも思っていたのですが、データのバックアップをどこかにDLできる機能が無いと怖いなぁと思っておりました。

catch_dl_cpt
で、今回はじめてデータをダウンロードできるようになったわけです。よかった…もし、できなかったら一個ずつコピペするのかよ、と思っておりましたので。

サービスの終了ということは、採算が合わないという理由なんだろうとおもいますが、あらためてCatchの収益源というのは、なんだったんだろうか?と。クラウドサービスの終了というのは、もはや公共インフラに匹敵するくらいインパクトが強いですね。もし仮にGMAILが止まったりしたら、日本のビジネス、E-コマースだけでなく、官公庁にも衝撃を与えるのではないかと危惧します。ネットの無い社会にはもはや後戻りできなくなりましたしね。